トップページへ 排煙窓、排煙オペレーターとは おかしいなと思ったら 点検修理 消防法 お問い合わせ

排煙窓 排煙オペレーターの点検・修理について

タイムリーで的確なメンテナンスは、排煙窓、排煙オペレーターの故障を未然に防ぎ、製品の寿命を延ばすことはもちろん、不意のトラブルによる大きな出費を抑えることができます。各種排煙オペレーターは長期間のご使用による汚れや、駆動部などの機械部品の劣化により、本来の性能を十分に発揮できない場合があります。
いつまでも安心してご使用いただくためにも、年1〜2回の定期的なメンテナンスをおすすめします。


保守点検内容

定期検査報告書

定期的に検査・点検を行なわないと…

定期的に排煙窓、排煙オペレーターの検査・点検を行なわないと、下記のような現象が起きる場合があり、その際に人体に有毒な煙や熱を逃せなくなります。
また、避難経路の確保が難しくなり、人命に係わる事故を起こす可能性があります。事故が起きますと「自主定期検査報告書」の提出を求められる場合があります。また、下記に記載いたします消防法改正2による「管理者による防災管理の徹底」、さらには4による「罰則の強化」などの処分を受ける場合があります。
下記のようなことがないように是非、弊社と排煙窓、排煙オペレーターの保守点検業務の契約を結んでいただき、管轄の消防庁に対する「定期点検報告書」に代用下さいますよう、ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。


長期に渡り閉鎖状態のままにしていると

  • 障子と枠がくっついて、火災時に開放しない場合があります。
  • ステイダンパーのガスが抜けて火災時に開放しない場合があります。
  • 滑車などが動作せず排煙窓が全開放しない場合があります。
  • バッテリー電源の期限が切れていて装置が動作しない場合があります。

定期的に清掃、注油を行なわないと

  • 滑車などが動作せず排煙窓が全開放しない場合があります。
  • ワイヤーが途中で引っかかり排煙窓が全開放しない場合があります。
  • ワイヤーが切れて閉鎖できなくなる場合があります。
  • ワイヤー巻取りドラムが動作せず排煙窓が全開放しない場合があります。
ページトップへ